2010年04月05日

IH オールメタル対応

当初、IHクッキングヒーターは、使える鍋が限られていました。
が、鍋を選ばなくてもよいオールメタル対応の登場で、
お鍋の材質を選ばないIHが浸透してきました。
そこで、今日は「オールメタル対応」について。

IH-s.jpg

化学に、とんと疎い私は、
材質の大きく違うお鍋が同じIH器具上で使えるなんて、なんとも摩訶不思議!
本当にアルミ鍋と鉄鍋は同じように使えるの?と、
疑問に思ってしまいます。

IHの加熱のしくみは
クッキングヒーター内部のコイルに電流を流すと、磁力線が発生し、
そのはたらきで鍋底にうず電流が流れます。
その時、鍋の電気抵抗が大きい(=電気を通しにくい)と、発熱するというものだそうです。

つまり、IHクッキングヒーターで使える鍋は、
電気を通し、かつ電気抵抗が大きい(=電気を通しにくい)ことが必須。
だからガラスや土鍋のように、電気を通さないものは使えないのですね。
銅やアルミ鍋も、電気抵抗が小さい(=電気を通しやすい)ので
十分に発熱せず、従来のIHでは使えませんでした。
オールメタル対応では電気抵抗の小さい銅やアルミ鍋でも発熱するほどの、
大きなうず電流が鍋に流れるようにすることで、
銅やアルミでも使用可能になったのだそうです。

でも口で言うほど簡単ではなく、
実用化にあたっては、かなりの苦労があったそうです。
IH内部で大きな電流をつくり出す仕組みの開発や
それに耐えられるコイルや回路の開発。
さらに、鉄・銅・アルミでは流す電流の大きさが異なるので、
鍋を載せたときに自動的に検知する精密なマイコンの開発・・
などなど・・。

こうして、オールメタル対応の実用化で手持ちの鍋が使えなくなるという不満が解消され、
IHクッキングヒーターの普及に大きく貢献しました。

1a6a89f978dd356d2147e9dc2ef57cd7.jpg

でも、物事には裏表がつきもの、オールメタル対応にもデメリットはあります。

まずは、実用化にあたり、これだけのハイテク技術を駆使したものですから、
従来のものに比べ、機器のコストが高いということ。

また、アルミや銅は、鉄よりも電気抵抗が小さいので、
IHクッキングヒーターでこれらの鍋を使うと、
鉄やステンレスのときより多くの電気を使うことになります。
要するに、従来のIHで使えなかった素材の鍋を使うと、
電気代が高くなってしまうと言うわけです。
また、効率は2割ほど落ちるとも言われています。

たとえばアルミ鍋を使うと、従来のIH用の鍋を使うより、調理に時間(消費電力)がかかるので、
非オールメタルにして機器代をおさえ、その分でお鍋を買い換えた方が
その後のランニングコストを抑えられるメリットがあり、お得かもしれない・・?!のです。

なにはともあれ、
IHの特性やメリット、デメリットを理解検討したうえでの、
「賢い」導入が地球のためにも家計のためにもプラスになりそうです。

(Refer To http://allabout.co.jp/r_house/gc/25103/
posted by ワークス・ワン スタッフ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。